スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メディカル・データ・ビジョン(1)

メディカル・データ・ビジョン(東証1部:3902)は、診療データというビッグデータを扱う企業です。

企業理念としては、自分の診療データを患者は見ることができ、病院や製薬会社等医療業界に有効なデータや分析結果を提供することで、医療の世界を良くしていこうというものがあります。

病院から診療データを集め、それによって製薬会社やその他の企業にとって有効な統計データを作成し販売する事業モデルです。

ただ、この企業の面白いところは、病院から診療データを購入するのではなく、病院に経営支援システムを販売し、むしろ病院から収入を得ている点です。そして一番重要なのは、この病院との関係を通して診療データを獲得、蓄積してきた点です。

この仕組みはDPC制度(包括評価制度)によるものです。DPC制度とはきちんとした説明は専門のサイトを見ていただくとして、おおざっぱに言ってしまうと、診療報酬を疾患や処置ごとに決めてしまうというものです。

これまでは出来高払いで、治療をすればするほど、薬をだせばだすほど診療報酬が増加しており、これでは医療費の増大に歯止めがきかないと政府が2003年に導入したのが、DPC制度というものです。

このDPC制度によると、効果的な治療をした方が病院の収入がトータルで増加するようになり、経営意識の高い病院がこの制度を導入していきました。同社はこのDPC制度を導入した病院からDPC制度のベンチマークとなる指標を提供してもらい、これを経営支援システムに取り込む形で販売していきました。

同時にDPCデータを病院から提供してもらうことで、診療データを蓄積することに成功した模様です。

この診療データを有効な形に加工、分析することで、製薬会社等に診療情報を販売し収益の柱に育ててきました。製薬会社は薬の販売量のデータしかないので、その処方実態がつかめなかったのが、同社のデータや分析によりその実態が把握できるようになり、マーケティングに活用できるようになったのです。

現在は病院に経営支援システムを販売することで得られる収入「データネットワーク」と診療情報を販売することで得られる収入「データ利活用」の2本が収益構造の柱となっています。

と一通り説明しましたが、ここまでは同社のホームページその他、公表されている話で株主は誰もが知っている話です。次回から私なりの分析を加えてみたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

investerK

Author:investerK
---------------------------

<株式投資理論>  

---------------------------

<中国株>  

---------------------------

<日本株他>  

---------------------------

<資産を築くために>  

---------------------------

<マクロ経済>  

---------------------------

<不動産投資>  

---------------------------


ツイッターはこちら
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。