スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MBOは嫌い

先日、奇虎360は周CEOら経営陣によるMBOを発表しました。価格は77ドルです。

正直言って私はMBOや上場廃止となるTOBが好きではありません。理由は勿論、上場廃止となるため、株式を手放さなければならないからです。

直近の市場価格よりプレミアムがついているから高く売れるといった問題ではありません。奇虎360に関して確かに私の買値より高くなっていますが、77ドルより高い価格で購入した人はいるはずです。

というよりチャートからみる限り2013年9月から2014年8月の間に買った人は損になっているはずです。(為替を考慮しない場合)

私もそうですが、企業の将来性を期待してかつ信じて、長期で投資している人にとっては、短期的な株価の低迷は別に問題なく、将来的に業績が向上し株価がそれを反映して騰がってくればいいわけです。

MBOはその期待を経営陣自らが裏切ります。

株式市場の矛盾の一つとは思いますが、現在の制度ではいかんとも出来ません。

創業者兼経営者から見れば、名実ともに自分の会社であって、少数の株主など自分の経営努力にただ乗りしているコバンザメくらいに考えているのかもしれません。

今回のMBOの真の狙いがどこにあるのかは分かりませんが、周CEOは自社の株価が過小評価されていると感じているようです。

そこで活況を呈している中国A株への上場を目論んでいるといった憶測も浮上している次第です。

株式市場が確かに短期志向で、ファンドなど短期志向が強い株主に経営を振り回されるのが嫌でMBOするケースがあります。これはまだ分かります。

しかし奇虎360に関しては経営陣が多数の株式を抑えておりますし、外部株主の圧力にさらされている感じはほとんどありません。

邪推ですが、考えられることは、奇虎360の経営陣は買収など資金需要が旺盛であり、その資金を調達するために、高い株価が必要なのではないでしょうか。

MBOが成立しない可能性やあるいはそういった不透明性を懸念してか、マーケットは77ドルを10%程度下回る価格で推移しています。

この企業の成長性は高いと今も思うのですが、これらの不透明要因の多さを考えると、MBO不成立は株価下落の引き金になりかねず、そうならずとも次なるMBO提案、あるいは増資の可能性を否定できない状況が懸念されます。

私としてはMBOに応じることで、そろそろ幕を閉じようと考えているところです。

にほんブログ村 株ブログ 中国株へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

丸損

終わりましたね。まさかこんな結末は全く考えてなかったです。時間と金の損になりました。そういう方向で考えてるならさっさとやってくれたほうがいいです。香港に戻しますわ。筆者は儲けが出てまだ良かったですね。77ドルはないわな~ご苦労様でした

No title

全く、そう思います。MBO、TBOのリスクは常に気にしているのですが、どうにもできません。理解できないのが、(最近の)市場価格より高いからいいじゃない、的な論調が多いことです。高いところで企業の成長を信じて買った長期投資家のことなど、まるで考えてないんですよね。それが許される現在の資本市場の仕組みも本当にこれでいいのかと思ってしまいますね。
プロフィール

investerK

Author:investerK
---------------------------

<株式投資理論>  

---------------------------

<中国株>  

---------------------------

<日本株他>  

---------------------------

<資産を築くために>  

---------------------------

<マクロ経済>  

---------------------------

<不動産投資>  

---------------------------


ツイッターはこちら
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。