スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国IT業界の縮図

奇虎360はLINEの中国展開でおそらく失敗したと思います。少なくとも中国内ではテンセントのWechatには勝てなかったのだろうと思います。

しかし、検索エンジン市場のシェアは2014年1月に24.8%に達し、ついに百度は60%を割り込みました。

検索エンジン市場は広告に直結するビジネスで、マネタイズは既に確立されています。本来ならGoogleが圧倒する世界でしょうが、中国内ではいろいろな障壁で海外の大手IT企業との競争から隔離されています。

そして実際に中国では百度がこれまで検索エンジン市場で多額の売上を得てきたのですから、その市場は既にあるわけです。あとはそのシェアを確実に奪っていくだけで、しかもその検索エンジン市場自体が年々大きく成長していくというべースもあります。

アンドロイドマーケットについては足元の状況は摑めませんが、この市場も世界的なビジネスモデルとしてGoogle Play、APP Storeで実証されており、これがどんどん伸びていくはずです。

勿論、世界的に確立されているITビジネスモデルが中国独特の障壁により海外大手企業との競争から守られている状況は同じです。

Wechatが強いのも、テンセントが中国国内で既に圧倒的なコミュニケーションツールインフラ(インスタントメッセンジャー)を築いているからであり、中国国内のユーザー数では突出し、収益力もそれを裏付けるのです。

メッセージアプリではテンセントに水をあけられた感のある奇虎360ですが、中国独特のIT業界事情を考えますと、今後数年間の収益の拡大はかなりの確率で約束されているものと判断し、現状においてPERで割高という数値が算出されても、まだ(時価総額1兆円そこらでは)売却する必要はないものと考えます。

勿論、株式投資において対象企業はどんなに調査しても知りえる範囲は限られており、大きなリスクが潜んでいる点は否定できません。

特に中国企業の粉飾リスク、投機筋の空売りレポート等、一瞬にしてこれまでの利益を吹き飛ばしてしまうリスクが常に存在していることを忘れてはなりません。

中長期の成長可能性と足元の状況、両方を睨みながら投資スタンスを決めることが重要です。



にほんブログ村 株ブログ 中国株へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Whatsapp買収にみるIT産業の行方

FacebookがWhatsAppを買収したことが話題になっています。

買収金額は約1.6兆円ですが、WhatsAppの収益力についてはまだ不透明要因が残るようです。

IT業界ではまず巨大なユーザー数を獲得し、そのユーザー数をベースにして、広告やコンテンツやそのプラットフォーム等で利益を上げるのが一般的手法です。

ユーザーを獲得する段階とそれを収益化(マネタイズ)する2つの段階を経て初めて成功企業と言えるのでしょう。

ユーザーを獲得するまでは良いけれど、マネタイズがうまくいっていないITビジネスは存在します。

この収益化も売上と利益をきちんと分析しないといけないので、簡単には論じえませんが、圧倒的に成功したGoogleに対し、Twitterなどはちょっとマネタイズに弱いといえるかもしれず、微妙な位置づけになります。

ただしこれはあくまでも企業投資(株式投資)の観点からみた位置づけです。

LINEも同じように微妙な位置づけにあると思いますが、この米国版(と言っていいかどうかわかりませんが)のようなWhatsAppが今後どのように収益力を上げていくのか何とも言えません。

ユーザー数の重要性のみを誇張しているように思われるこの買収ですが、日本のLINE、韓国のカカオトーク、そして中国のWechat、これらは同業で競合相手だと思われ、それなりのユーザ数を獲得しています。

私が思うには、この中でまともにマネタイズに成功しているのはWechatだけで、これは間違いなく中国IT業界の雄であるテンセントが手懸けていることが重要な意味をもちます。つまりテンセントのもつ事業との相乗効果において明確になっていると推測されます。

WhatsAppに関しては、結局買収したFacebook、ザッカーバーグ氏の目利き力にかけるしかないわけでしょうが、私はFacebookを(現在の株価も含めて)投資先としてあまり評価していないので、関係ないといえば関係ありません。

今、私にとって重要なのは中国のIT市場です。前述のテンセントのように極めて強い収益基盤が築かれている、あるいは築かれることが予想される企業が投資対象として好ましいわけです。

以上、長くなりそうなので、続きは別の日にしておきます。









にほんブログ村 株ブログ 中国株へ
にほんブログ村


プロフィール

investerK

Author:investerK
---------------------------

<株式投資理論>  

---------------------------

<中国株>  

---------------------------

<日本株他>  

---------------------------

<資産を築くために>  

---------------------------

<マクロ経済>  

---------------------------

<不動産投資>  

---------------------------


ツイッターはこちら
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。